Now Loading...   Now Loading...

Now Loading...

2015 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2015 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七年ぶりのメイプル日記


以前のように”とりあえず”メイプルを起動する事は無くなりました。
メイプルをプレイするきっかけはまちまちですが、今回は紅茶さんのツイートでした。

最近は紅茶さんと遊ぶことが多いのですが、大抵はスタープラネットのミニゲームです。
もちろんそれも面白いのですが、あれってメイプルでやる必要ある?と前から疑問に思っていました。

メイプルはよくできたチャットツールだ!

というのはBigBangの前からずっと言われ続けていますが、本当にそれだけになってしまわないか、少し心配になってくる今日この頃です。

なんて事はさておき、代り映えしないミニゲームにも飽きた私は紅茶さんをグル狩に誘います。
前の記事で久しぶりにグル狩をして楽しかったと書きましたが、結果から言うと今回も非常に楽しい事になりました。

その日のプレイを振り返ると、最近の私のメイプルの楽しみ方が詰まっていると分かりました。
なので、今回はその一日のプレイを「日記」として書こうと思います。久しぶりです。

舞台はくるみサーバー、私はAravic。ぜひお楽しみください。


8月13日のストーリー


Twitterで何やかんやのやり取りを経て、私は紅茶さんをグル狩に誘う事にしました。
紅茶さんは恒例の勝つまですごろくを進行中でしたので、私はどこで狩ろうかと下見をしていました。

すると・・・

01battle.png
あんたエリートボスやんけ!

ここは、あれです。ブルージャイアントタートルがいる、タクシーで来れるあそこです。
そこを素通りしようと右端のポータルを目指していたらいきなりWarningの文字が!

エリートボスは見かけたらとりあえず攻撃してみます。
今更これに対して「よこやめて!」なんて言う人はいないとは思いますが、居たら逃げます。多分。


025bonus.png 
ボス後にはボーナスステージがあり、降ってくるアイテム
野良での討伐でも大体は「○○が出た!」とか報告し合うものだと思います。

今回私はめぼしいアイテムが出なかったため「トナカイの乳」と発言すると・・・


02kureta.png
なんと混沌の書をくれた!?しかも2枚!

一応、念のため「使っても?」と聞くと「どぞ」との返答が。
この荒んだ世の中でなんていい人なんだ!

折角の混沌の書なので、攻撃力が上がる事を祈りつつペンダントに使うと・・・


03kieta.png
ナムサン!!
何たる悪魔的カオスな強化書の所業か!ペンダントの攻撃力は消滅してしまったのだ

攻撃力が消えたのはまあ良いとして、装備の名前が灰色なのがちょっとイヤですね・・・


04sinda.png
通りすがりの彼とまたねとお別れをした後は、ゆきさんの助言によりリザードマン狩りへ。
最近アップデートでモンスターのレベル帯が変わりすぎて居て、自分の適性レベルの狩場分かりません。

レベルアップガイドなる便利な物があるかと思えば、一定以上のレベルの人は使えないとか

こんな記事でも書いている通り、私はこの場所が割と好きなので絶好の狩場です。
そして久しぶりの狩でHPゲージを見忘れていた私は墓を降らす事に。
エンジェリックバスターはMP薬を使わなくて良いせいでHP回復薬を使うのも忘れていました


05miti.png
私はこう見えてリッチなのでタクシーを使ってすぐに戻っても良かったのですが、何となく徒歩。
リプレの邪気の森を含むフィールドは過疎地帯だったと思っていたのですが、
途中でグレートモリョンをソロで狩るヒーローを見かけました。(これでピンとくる人は僕と握手)

折角だから声を掛けようかとも思ったのですが、レベル帯が違うので断念。
あと多分声かけても無視されてた。


06kotya.png
寄り道をしつつリザードマンのマップへ戻ってくるとここで紅茶さんが!
もはや「??」は恒例になってますね。ラインスタンプの様な使い方ができるので便利です。
意味が分からない人は、無表情の状態で「??」とチャットで打ってみてくださいな


07yowai.png
さて、早速グループ狩りを始めるのですが、紅茶さんは「自分は火力弱いから迷惑かも」と。
試しにリザードマンを攻撃してもらうと、本当に弱かった!(ワリト、シツレイ)

それもそのはず、紅茶さんの煌茶夢人はインテリファントム
火力を犠牲にしてINTに振った世にも珍しい支援特化型ファントムだったのです!

私は今回の狩りでは経験値もアイテムも特にほしいとは思っていませんでした。
私の狩は楽しさ重点。おくゆかしい狩なのだ!


08dragon.png
そんな訳で、紅茶さんに支援してもらいつつのグループ狩りです。
多分一緒に狩っていた紅茶さんも感じたと思いますが、私の狩は物凄く、半端なく適当です。

どれくらい適当かと言うと、敵が8匹いる状況で単体攻撃を連発したりだとか、
ちょっと離れた足場からしばらくソウルトレイスを連発して攻撃回数制限に引っかかり素振りを続けてみるとか。

このルートが効率が良い!とか、このスキルだけ使ってた方が良い!とか、
そんなことは一切考えずにその場のフィーリングて使いたいスキルを使いたいときに使います


08trace.png
そんな自由奔放な狩りの中で、一つ気を付けていた事、と言うか意識していたことがあります。
それは、とにかく画面上を動きまくる事です。

なぜかって、ちょっと紅茶さんをいじめてみようと思ったからです。

紅茶さんの煌茶夢人はヒールまで使える支援型ファントムですから、恐らく同行狩りの形で私についてきて下さるだろうと考えました。
なので、「私の動きについて来れるかな!?」

なんて感じで画面中を上下左右行ったり来たり飛びまくりました。
エンジェリックバスターの機動力は全キャラクターでも随一ですから速い速い。

私の期待通り、紅茶さんは途中ファントムシュラウドまで使って移動していました。
こんな味方にわざと迷惑をかける様なプレイングも、効率度外視楽しさ重点だからこそですね。
そんな訳で、執拗に飛びまくってたのはこんな理由です。紅茶さんゴメン!


09nanikore.png
狩ってる途中でエリートモンスターが何回か出たり私がまた死んだり色々あったのですが、
そのうちにこんなアイテムがドロップしました。

私も紅茶さんも何に使うのか全然わからなかったので、とりあえず私が持っておくことに。
もしこのアイテムが欲しい方がいらっしゃれば、コメントして下さい。4gメルで売ってあげます。


010o!.png
その後もしばらく狩っていると、エフェクトと共に本日2回目のエリートボスが!

こいつは誘惑をしてきたり連続ダメージを与えてきたりと色々厄介な相手で、私と紅茶さんだけじゃ手に負えません。
そうして私たちが苦戦を強いられていると・・・


011tetudatte.png
通りすがりの助け舟が!
エリートボスが出現すると近くのマップまで通知が行くので、こうして報酬目当ての方が集まります。
なので、私みたいな低下力がエリートボスを倒せない!なんて時は手伝ってもらう事が出来ます。


012yattyae.png 
ゴウランガ!何たる激しい波状攻撃か!

通りすがり2人を交えてボスと交戦です。
最近はスキルエフェクトが本当に派手になったので、こうして大勢で戦うと画面がにぎやかですね。

途中で一人死んでしまったりもしましたが、何とか討伐に成功します。
なんとか・・・ いや、やたら強いウィンドシューターの方のお蔭であっさり討伐に成功しました。


013muyokunowin.png
今回はボーナスステージで純白の書が出ました。
ですが、私は使う事が無いし売るのも面倒なので「欲しい人います?」と言ったのですが
みんないらないとのこと。無欲なのか、リッチすぎて小金はいらないのかどっちなんでしょう

前にも書いたかは覚えていませんが、このエリートボスの仕様は本当に素晴らしいと思います。
エリートボスが沸くと、毎回ドラマがあります。
それは人がいるからで、人のいないところにドラマはありません

ドラマチックなプレイで十分楽しんだ私は、この辺りでログアウトしたのでした。めでたし。






タイトルの意味はそのままで、メイプル日記を書いたのが七年ぶりだったという事です。
7年前っていうのは、私がこのブログの前身となるブログを書いていた時期ですね。

スポンサーサイト
 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。