Now Loading...   Now Loading...

Now Loading...

2010 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2010 09

逃げ水~And Then There Were None~


私たちはいつも誰かの後を追い、誰かに後を追われ

そうやって今日も物語は続いています






そこには一本の道がありました。

道があるという事は、誰かが前にそこを通ったという事です。

それがいつなのか、人が見当たらないと分からないですよね。






でももし、ほんの少しだけ前に誰かがそこにいたとすると

ちょっとワクワクしませんか!?





今日はそんな姿も見えない彼を追っていく物語









影追い:遺跡


メイプルストーリーでは敵からドロップしたアイテムは約3分で消滅するようです

だとしたら、道にアイテムが落ちていたら少なくとも3分以内に誰かがそこにいたという証

もしそこが普段誰も訪れないような場所だったら・・・・








影追い:軌跡


やっぱり同じような趣味を持ってるかも知れない彼に会ってみたいですよね!!

そんなこんなで追跡を開始する健気なRisztです









影追い:遺跡


奥に行ってもまだアイテムが落ちています

この先にはやはり誰かがいるようです










まだまだ


こんな所にまで来ていたのか~

奥に行くだけならここは近道というより遠回りになるのだけれど・・・

もしかして初めてここに来て探検してるとか?











ん?


ここまで来てもまだ見つかりません

でもアイテムは落ちているのです

やはり奥に探検に来た人なのでしょうか?

だったら案内でもしてあげようかな~







と思っていたら・・・・





そして誰もいなくなるのか?


あれ・・・

アイテムが落ちてないし人もいない

前のマップで帰還の書でも使ったのかな?
















たまに、こんなことがあったりするのだけれど

なぜだろう、一度も追いつけたことがない




また今度




 




昨日はきっと誰も来なかっただろう

今日は私と彼と、もしかしたらもっと

明日はきっと誰も来ないだろう

でも、また今度来てみようかな

そんな風に思ってしまいますよね





そして誰もいなくなった


Fin



 | BLOG TOP |  NEXT»»