Now Loading...   Now Loading...

Now Loading...

2017 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイプルコーディネート Vol.1- ボウマスター荒亦 -

ara3shot.png

帽子 全身服 手袋 武器 マント リング 称号
redhunterhat.png reverseevanue.png falconwinggrove.png madokasbow.png reversrontano.png rudibliummant.png halfring.png niwakaaki.png

コンセプトはエレガント

荒亦のコーディネートのコンセプトは"エレガント"です。
エレガントを日本語に直すなら、気品のあると言う言葉が一番合うでしょうか。
全体的に派手すぎず、かつ気品のあるコーディネートを目指しました。

まず何と言っても外せないのがレッドハンターハットです。
この帽子は、全ポイントアイテムを含めてもメイプルで一番かっこいい帽子だと私は断言できます
色は赤を基調とした中折れ帽子のデザインで、弓使いのイメージである羽のアクセントがあります。
そこに金の模様があしらわれており、エレガントさも際立ちます。
見た目的にはカウボーイハットのような雰囲気もありますね。

arainosisiboy.png    
▲イノシシライダー荒亦


さて、このレッドハンターハットと対になる全身服としてレッドラーヴァと言う装備があるのですが、私が採用した全身服はリバースエヴァニュです。
リバースエヴァニュは紫を基調とした貴族の礼服の様なデザインで、こちらにも金の模様があります。
私がこの装備を選んだ理由の第一は、そのデザインの秀逸さです。
また、紫は高貴な色であり、デザインと合わせて最高にエレガントな装備です。
メイン色こそ違うものの、レッドハンターハットとの相性もSSを見て頂ければ理解していただけると思います。

足元はリバースエヴァニュのセット装備であるリバースロンタノです。
画像では殆どつぶれて見えませんが、紫色に金の模様と言うのはちゃんとわかるようになっています。
帽子、服からのイメージの継承があるため、少ないドット数でもきちんとコーディネートの一部になっています。

 gishiki.png
▲弓使いにのみ許された儀式の舞い


手元はlv140装備のファルコンウィングセンチネルグローブ(長い)です。
この手袋を選んだ最大の理由は、全身服の袖の邪魔にならない事です。
手袋には手首を覆う部分がついているものが多く、これがあると全身服を覆い隠してしまいます。

 hikaku.png
▲フレイムキーパーグローブ、ファルコンウィングセンチネルグローブ、素手

もう一つの候補には軍手(白)があり、見た目的にはこちらの方が好きだったのですが・・・

流石に名前がダサすぎて装備できませんでした

次にマントですが、皆さんご存知のルディブリアムマントです。
ピエロの様なデザインのマントですが、個人的にはこのコーディネートにすごくマッチしていると思います。
マントはやはり金色と思っていたのですが、他に良い感じのマントはありませんでした。
ゴールデンソウルマントなるものがあるのですが、名前が違うだけでブラックフィストマントと全く同じデザインと言う手抜仕様でがっかりしました。
あのデザインで金基調だったらそれを装備していたかもしれないのに・・・


イヤリングはハーフリングです。
ここは気分によって変える事が多いです。大体色は赤、金、銀の3種類から選んでいます。
髪型によってはイヤリングは隠れてしまいますが、荒亦の場合はしっかり写ってますね。

kyaba.png 
▲キャバ嬢を口説いてみる荒亦

他にも最近は片、指輪、ベルト、ネックレスなど様々な部位の装備がありますが、グラフィック上の変化が無いためここでは紹介しません
あの世紀末みたいなごっつい片装備とかは服の下に着けてるんでしょうか・・・

まあ、グラフィックが無いという事が逆に能力だけで装備を選ぶことが出来るので、デメリットばかりではない・・・かな?

唯一のポイントアイテム、まどかの弓

荒亦の装備で唯一のポイントアイテムが武器のまどかの弓です。
いつだったかの”まどかマギカ”タイアップの時に露店で買ったものです。
弓使い、特に弩使いは装備が大きいゆえに立ち姿の時に体が隠れてしまいます。

そんな中、まどかの弓は普段は棒状ですので、その心配が全くありません。
当然デザイン面でも、何処か厳かな雰囲気も感じさせる仕上がりになっています。神の弓ですしね。

そして何より、矢を撃つときのエフェクトがかっこいい!
madokabowshot.png 
▲友情出演フェニックスさん

ショットを放つ時には弓についているバラが開花し、炎のようなエフェクトが表示されます。
弦も魔法で出来ているらしくピンクに光り、激しさと美しさを併せ持っています。

何か好き、にわか秋

そんなエレガントな装備に身を包んだ荒亦なのですが、名前の下には何やら気の抜けた称号が。
ここまでのコーディネートで相当いい感じにまとまっていたものを、この称号で全てぶち壊しています。
niwaka.png
▲ぽえ~ん みたいな

やはり全部が全部完璧ってのもつまらないものです。
どこかしらに抜けたところがあった方が愛嬌があるってもんです。

私の知り合いならご存知だとは思いますが、別にSS撮影用にわざわざ装備したわけではなく、本当に普段からこの称号を身に付けています。
称号って言うくらいですし、そんな頻繁に変わっても仕方ないですもんね。

ボス戦で火力が少しでも必要ってときはヴェラッドスレイヤーとかにする事もあります。

気合の入ったファーストキャラ

やはりファーストキャラであり永遠のメインなだけあって他のキャラとは気合の入りようが違います。
大昔、レベル44とかその辺の時に一部ポイントアイテムを使っていたことはあるのですが、結局この形に落ち着きました。
アバターなし縛りをしている訳ではなく、全装備の中から好みのものを選んだらこんな風になったという感じです。

daizi.png
▲GODまどかの弓を大切そうに握りしめる荒亦

まどかの弓を手に入れる前はクリムゾンボウがお気に入りでした。
クリムゾンボウもシャープなデザインで格好良く、元自称炎の弓使いである私にぴったりでした。
それでもやはり、まどかの弓には敵いませんね。

実は見た目だけでなく強化の方も(私にしては)そうとう頑張っていたりしますが、流石に記事にしたりは・・・ね?

スポンサーサイト
 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。