Now Loading...   Now Loading...

Now Loading...

2019 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2019 12

Pick up!!

お久しぶりです。更新頻度なんてものは存在しないのである。

昔話:カエルと鶏と氷雷魔

×××がビクトリアアイランドに降り立ったのは何年か前のことです。

彼は右も左もわからない初心者でしたが、弓使いに転職するという目標はありました。

ほどなくしてその目標は達成されます。

×××は自分の知らない場所に行くのが大好きで、これは彼の後の冒険者たちにも受け継がれました。





あるところにスピネルという旅行案内人がいました。

スピネルの前には人だかりができていて、なんだか楽しそうでした。

人だかりの中のある一人が声をあげました

「今から一緒にタイランドへ行こう!」

彼はレベルの高い魔法使いで、周りの人たちは×××と同じ初心者冒険家でした。



スピネル 




×××は、はじめてグループに入ることになりました。

グループに入ると、他の人には聞こえないグループ専用のチャットができました。

グループチャットでの何気ない会話が、何か秘密の作戦会議みたいでわくわくします。

「次のマップで狩をしよう!」「おお!」





初めて見るモンスターは、かわいいカエルでした。

緑の小さなカエルを、初心者立ちが一斉に狩り始めました。

リーダーの魔法使いは、一人で上の方に行きました。

彼は一人でニワトリを倒しています。

ニワトリは強くて、初心者達では倒すのが大変なのです。


kaeru.png 



魔法使いが木が生えるような魔法を使うと、画面の右上にアイコンが出ました。

何が変わったのか分かりませんでしたが、何か強くなったような気がしました。






しばらく狩をしていると、×××の弓矢が切れてしまいました。

x××は弓殴りでどうにか戦おうとしましたが、なかなかうまくいきません。

それを見た冒険家の一人が、彼のそばに少しの弓矢を落としました。

それに続いて他の冒険家たちも次々に弓矢を落としていきました。

×××は何度もお礼を言いながら、再びカエルに立ち向かいました。






誰かが隣のマップに行って、グループチャットで悲鳴を上げました。

皆で行ってみると、一人の冒険家が死んでしまっていました。

近くには赤くて大きなカエルがいて、こいつが原因だと全員が理解しました。

冒険家たちは束になって大きなカエルに攻撃し、次々に空から墓が降りました。






そこに魔法使いが来ました。

彼は一瞬で大きなカエルを倒してしまいました。

×××の目には、彼の使った雷のような魔法が焼き付いていました。





しばらくして、誰かがいなくなりました。

それを境に次々とみんなログアウトしていき、×××も続きました。

魔法使いは最後に「またね」と言いました。

×××も「またね」と返しました。

×××と彼らが再び会う事は二度とありません。











そして、あるところに×××の意思を受け継いだ別の弓使いと仲間たちがいましたとさ。



おしまい。

前夜の出会い

おい

なに?

狩り

しよう?

そう!

どこ行く?

上のほうでいいんじゃない?

おっけー









私はレベル16の戦士

彼はレベル8の初心者






おまえ

うん?

強いな

16レベルだかんな

俺の倍か






ところでさ



なんでこんな所に?

戦士

になりたい?

そう

あと2レベがんば

あり







おめ

あり







あ、グル組んでなかったね

おう

まあいっか

おう





おめ

あり

転職してくる

がんば





















お?

久しぶり

まだ1時間くらいしか経ってないけどね

20レベ!!

強いだろ

おれ12レベ

そうか、がんば























ありがとう

どういたしまして

また会おう

会えたらいいね

ノシ

ばいばい









Fin










 | BLOG TOP |  NEXT»»